曽根酒店 秋からますます旨くなる日本酒 日本の秋 ひやおろし

 曽根酒店では、「ひやおろし」が登場しています。実りの秋は、日本の食卓が豊かになるのに合わせて、まろやかな味わいとなった日本のお酒の出荷が始まります。

 「ひやおろし」は、冬にしぼられた新酒が劣化しないよう春先に火入れ(加熱殺菌)し、暑い夏の間をひんやりとした蔵で眠ってすごし、秋の到来とともに目覚めるお酒です。

 ここで同店から、ひやおろしシリーズの一部商品をご紹介。価格はすべて税別。1・8㍑。要冷蔵。

 ①一ノ蔵(宮城県、2820円)は、秋酒らしいまろやかな旨味と軽快な酸味を併せもつ特別純米。②亀泉(高知県、3300円)は、バナナを思わせるフルーティーな香りとスッキリとした辛口。③華鳩(広島県、2500円)は、ほっと安らぐ秋の特別純米。④名倉山(福島県、2710円)は、華やかさの中に味わいのある純米吟醸酒。⑤月の井(茨城県、2700円)は、シャープな口当たりの中に円熟した旨味があります。⑥飛良泉(秋田県、2900円)は、スッキリとした味わいとキレの良さが特徴。

 「ひやおろしは、瓶の中でもゆるやかに熟成していくため、季節の移ろいとともに深まる味わいが魅力です。ほかにもひやおろしシリーズを多数取りそろえていますので、お気軽にご来店ください」。

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る