日高広域消防 人命救助の大川さんに感謝状

 海で漂流する人らを助けたとして、日高広域消防本部は14日、人命救助功労の表彰を行い、みなべ町埴田の渡船業大川恵三さん(55)に感謝状を贈った。大川さんは、助けを求める連絡を聞くや現場に急行し、海に浮かんでいる男性(19)を発見。すぐに漁船へ引き揚げるとともに、離島に泳ぎ着いていた他の3人も救助し、「無事に助かってよかった」と笑顔を見せた。

 同消防によると、今年8月15日午後1時ごろ、みなべ町埴田、国民宿舎紀州路みなべ西側の海岸から西の沖にある鹿島へ、男性4人がゴムボートに乗って渡ろうとしたが、途中横風で流され始めたため、4人はボートを捨てて海へ飛び込んだところ、そのうち大阪市の19歳の男性が泳ぎが不得意だったため、力尽き海上で仰向けに漂流。ちょうど埴田漁港から見回りに出ようとしていた大川さんに、騒ぎを知った人から「溺れている人がいる。助けてあげて」との電話があり、鹿島から堺の方へ向かうと、海面に顔だけが出た状態の男性を見つけた。
「上がれるか」と尋ねたが無理なようだったため、男性が着ていた服の襟首をつかんで船に引き揚げ、鹿島近くの離島に泳ぎ着いた他の3人も埴田漁港に連れ帰った。19歳の男性がのどの渇きを訴え、病院に運ばれたが、全員無事。大川さんの迅速で的確な行動が功を奏した。

 この日、同消防南部出張所で小西威寿消防長が感謝状を贈呈。「大川さんの迅速な救助活動で尊い人命を救うことができました。命の危機にひんした19歳の男性を発見、機転の利いた行動で救助していただき、まさに時間との闘いのなか、発見や救助が遅れていれば命にかかわっていたと思います。さらに離島に泳ぎ着き、不安な思いをしていた他の友人3人も同時に救助。人命救助に尽くす私たちにとっても大きな喜びです。今後も救急救命へのご協力をお願いします」と感謝した。

 渡船業を始めて30年以上になる大川さん。「浮かんでいた人は息子と同じぐらいの年で、本当によかったと思います」と語った。

写真=小西消防長から感謝状を受ける大川さん

関連記事

フォトニュース

  1. 南部高の調理実習室で

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る