旅行や食事は大丈夫⁉

 新型コロナウイルスが全国的に拡大し、観光産業や飲食店などが大きな影響を受けている。しかし、今月19日から22日の4連休には京阪神などから日高地方にも多くの観光客が訪れた。コロナ禍以降では今回の連休が最も多くの人出でにぎわったという施設もみられ、観光産業の回復の兆しが見え始めた。

 国も需要喚起を促す対策を打ち出している。7月からは旅行代金を補助する「Go To トラベルキャンペーン」を実施。当初は「時期尚早」という声や東京を除外したことによるキャンセル料の補償問題などが発生したことで“GoToトラブル”と揶揄された。しかし、宿泊施設らによると、活用する利用者が多いという。県もリフレッシュプランを展開し、観光振興の回復を後押し。国や県がキャンペーンを行うことで、コロナ禍でも旅行に行きやすいという環境ができたということは間違いない。

 さらに10月からは飲食業を支援する「GoToEat(イート)キャンペーン」、チケットを購入すると割引・クーポン券が付与される「Go To Event(イベント)キャンペーン」が始まる。商店街のイベント開催やプロモーションを行う「Go To 商店街キャンペーン」も企画されているという。

 一方、地方に目を向けると、野外でのスポーツイベントなどは再開しているとはいえ、地元産品などをアピールするふるさと祭りなどのイベントは軒並み中止となるなど、開催されないイベントも多い。国は旅行や食事に行くことを推進しているが、こうした状況を考えると、行ってもいいのか、控えるべきなのか。ちょっと悩んでしまう。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. お、ナイススイング!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る