新しい季節の到来

 「暑さ寒さも彼岸まで」と古来いわれる通り、秋彼岸の訪れと共にかつてないほどだった今年の夏の暑さも影を潜め、空気は爽やかに冷えてきた。「爽やか」は初夏などにも使いたくなる言葉だが、本来秋の季語。澄んだ空気の中、深い色の空の下に彼岸花の鮮やかな赤も並ぶ◆四季があることは日本の素晴らしい特徴の一つ。しかし今年は学校の始まらない春、海開きや花火大会のない夏と経験したことのない季節を重ね、そして祭りのない秋を迎えた。季節が移り変わっていく、それ以上に時代が移り変わりつつあるのを感じる。後世、2020年は間違いなく、人類が未知のウイルスの脅威に直面し経済活動を縮小した年として記録される◆一方で、イベント等は対策を講じながら少しずつ再開。「新型コロナウイルスとの共存を考える段階に来ている」といわれている。インフルエンザの発症者数が前年同期に比べて劇的に減少しているという、コロナ対策の思わぬ副産物的な効果も出ている。世界が国や民族を超えて知恵を出し合うべき今、「共存を考える」という言葉はコロナ対策に限らず、あらゆる局面でキーワードとなりそうな気がする◆幼い頃、彼岸花は美しいが毒があるから「触ってはいけない」と教えられた。しかし、実はすりおろして長時間水にさらすなど毒を抜けば食用・薬用にもでき、飢饉の非常食として植えられたという説もあるそうだ。ウイルスも「絶対悪」ではなく、生物の進化にかかわるなど一定の役割があるという◆生活のあり方に始まり、あらゆる価値観を一から見直してみる。そんな新たな季節、新たな時代に来ているのかもしれない。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る