幼児期から学ぶ英語

 恥ずかしながら学生の頃、あまり将来のことを深く考えてはいなかったが、とにかく国際化の流れの中で英語をしゃべれるようになっておけば、仕事でも私生活でも役立つだろうと思い、大学は外国語大学の英米語学科を専攻した、というか親の援助を受けて大学に行かせてもらった。高校での英語の授業とは違い、講師は外国人。授業を受けるにも、質問するにしても全て英語で、いや応なしに英語が上達する。

 あれから二十数年、大学生活という貴重な体験はいまの人生にも生かされているが、肝心の英語は単語などをすっかり忘れてしまい、会話どころの話ではない。それにしても、英語を使わないと、こうも忘れていくものなのか。新聞記者ということで、毎日大量の日本語を目が悪くなるほど見ているが、英語に接する機会はあまりないし、私生活でも英語を使うことはない。かと言って映画は字幕ではなく、吹き替えで観る。忘れていくのも無理はないのかもしれない。

 ところが、もっと小さい時から英語を学んでいれば、また違ったかもしれない。幼児期から英語に触れることで、英語特有の言い回しや表現方法を自然に理解することができる。一方、ある程度成長した段階で英語を学んでも、頭で意識しないと理解できない。「三つ子の魂百まで」と言うが、幼児期に英語を感覚的に身に付けておけば、そうそう忘れることはないのかもしれない。

 筆者が担当する印南町のいなみこども園でも今月から、外国人講師による英語の授業が始まった。授業風景をみると、園児たちはとても楽しそう。自然な形で英語が身につく環境は、昭和生まれの筆者にとっては大変うらやましく感じた。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. この顔にピンときませんか

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る