太陽福祉会が日高町にグループホーム開設へ

 障害者作業所などを運営する社会福祉法人太陽福祉会(皆川敏治理事長)は、日高町小中地内に11カ所目となる障害者のグループホーム(生活支援の場)を建設している。施設は木造平屋で、延べ床面積は416平方㍍。定員7人のほか、短期入所(ショートステイ)3人、緊急時の受け入れや体験利用を目的とした部屋も設ける。入居は来年3月。

 同会が運営するグループホームは現在、御坊市と日高町に10カ所(総定員数48人)あるが、いずれも満室。利用者が入所を希望しても困難な状況となっている。

 新しいグループホームは同会が運営するパン工房サンフルひだか(日高町小中)の南側。計画によると、部屋は個室で1室の広さは13・5平方㍍。フローリングで、各部屋にトイレと手洗いを設置。エアコンも完備する。施設内の2カ所に風呂場を設け、多目的トイレも備える。利用者が安全で快適な生活を送れるよう、世話人となるスタッフを常時配置する。

 7月中旬に地鎮祭が行われ、現在は基礎工事段階。完成すると、障害者の災害緊急避難所としても活用する。総事業費は1億2000万円。太陽作業所保護者会からの援助で長年にわたって蓄えきた資金のほぼ全額900万円も充当する。設計は美浜町の有限会社北田設計(北田忠史代表)、施工は御坊市の株式会社谷口組(谷口光代表)。

 皆川理事長(72)は「太陽作業所保護者会からは多額の資金援助をいただき、大変感謝しています。利用者の親が高齢化する中、グループホームで幸せな人生が送れるように努めていきます」と話している。

写真=基礎工事が進んでいる現場

関連記事

フォトニュース

  1. 味も高級感もアップしました

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る