君の望む死に方 石持浅海著

 今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされたまま」も本欄で紹介しましたが、前作は殺害した死体を発見されないように、何としても死体がある部屋の扉を開けさせないようにする犯人に、頭脳明晰な主人公碓氷優佳が迫るというものでした。今作も主人公は碓氷優佳。前作同様、犯人が最初から分かっているという「倒叙(とうじょ)もの」。08年には松下奈緒主演でテレビドラマ化もされました。

 ストーリー 余命6カ月のガン告知を受けたソル電機社長の日向が、社員の梶間に、自分を殺させる最期を選んだ。日向には、創業仲間だった梶間の父親を殺した過去があったのだ。梶間を殺人犯にさせない形で殺人を実行させるために、幹部候補を対象にした研修を設け、花瓶、アイスピック、クレセント錠、酒瓶などさまざまな凶器も用意。彼の思惑通りに進むかに見えた時、ゲストに招いた女性・碓氷優佳の推理が、計画を狂わせ始めた…。

 殺したい梶間と殺されたい日向。互いに一致した思いの2人が、計画のために用意した仕掛けを次々に無効にしていく探偵役の碓氷が本作の醍醐味。一見して何も起こってないように見えますが、実は当事者の頭の中で攻防が繰り広げられています。至るところに伏線があり、ロジック対決は、まさに石持作品ならでは。碓氷の観察眼のすごさには圧倒させられます。

 それにしても犯人サイドの視点になる倒叙ものは、犯人側に感情移入してしまうので、計画が暴かれる度に負けた気分になってしまい、碓氷を意地悪に感じてしまうことも。ラストにスパッと犯人を言い当てる王道の推理小説もいいが、発生していない事件の真相を看破するというのも面白い。

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る