全国知事会コロナ会議 仁坂知事は予防と経済の両立主張

 全国知事会の新型コロナウイルス緊急対策本部会議が26日、ウェブ会議形式で行われ、33都道府県の知事が参加した。仁坂吉伸知事はコロナ感染予防と経済再生を両立させる必要性を強調し、「できるだけ感染者を隔離して感染が拡大しないようにしながら、経済はある程度自由にしていくということが一番大事」と訴えた。

 仁坂知事は「ベストミックスやウィズコロナの言葉のように、いまやコロナ感染症の防止と経済再生の両立が大事だと、だいたいの人が分かってきたと思う」とし、「ただ、政策手段が『行動の制約』の一つだけでは、なかなか両立は難しい。行動を制約し過ぎると、緊急事態宣言下のように経済が落ち込み、緩めると再び感染が拡大する」と説明。「わが国固有の立派な感染症法と保健医療行政で一生懸命頑張って、そして経済の再生には例えば『Go To キャンペーン』、もっと言えば『規制を厳しくしない頑張り』が必要かとも思う」と述べ、「国の専門家たちは経済の専門家の人も入れているのに、なぜこういうことを言わないのか疑問。現場で感染症法と保健所などが闘っている現状を分かっていないのではないか」と厳しく指摘。「そういうことを厚生労働省の方々が指導、情報提供し、立派なベストミックスの政策をしていただきたい」と求めた。

 知事会ではコロナに対する国への緊急提言もまとめた。政府が10月から、原則全世界を対象に入国制限を緩和する方針を決めたことについては、空港でのPCR検査強化を求め、一方で観光支援の「Go To キャンペーン」の継続などで、地域経済回復との両立を要望。このほか、季節性インフルエンザとの同時流行に備えた医療提供体制の確保や、医療機関の経営支援なども求めた。

写真=ウェブ会議でパソコンを前に発言する仁坂知事

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る