令和おじさんに期待

 菅内閣が発足した。菅さんは、安倍前首相の女房役としてあまり目立った存在ではなかったが、堅実に政権の運営をこなしていたイメージ。桜を見る会の問題ではやや苦しい答弁もあったが、真摯(しんし)な姿勢に好感が持てた。

 そんな一見大人しそうな菅さんが、会見で「縦割り行政をぶち壊す」と言っていたのが印象的。かつて小泉純一郎さんが「古い自民党をぶっ壊して政治経済の構造改革を行う」と過激にも取れるフレーズで自民党総裁になったことを思い出す。「ぶっ壊す」とまではいかないが、「ぶち壊す」という表現を使うあたり、菅さんが掲げる規制改革への強い決意の表れであり、それでいて国民から親しまれる〝令和おじさん〟らしい、少し和らげた表現だ。

 菅さんと言えば秋田県雄勝郡秋ノ宮村(現湯沢市秋ノ宮)のイチゴ農家の長男として生まれた。高校卒業後には「東京に行けば何かが変わる」と上京し、段ボール工場で働いたが、現実の厳しさを知り退職。大学に進学するためアルバイトしながら勉強し、法政大学法学部政治学科に合格。卒業後、会社勤めも経験したが、「日本を動かしているのは政治」と政治に興味を持ち、大臣秘書、横浜市議を経て、1996年の衆院選に立候補して初当選している。

 世襲議員ではない、いわゆるたたき上げ。地方で育ったがゆえに地方の痛みや苦しみを理解して、和歌山のような地方の発展にも力を注いでくれるはず。そんな菅政権では、二階幹事長と世耕参議院幹事長が続投。和歌山からそろって再び重要ポストを担うことになり、これ以上ない県勢浮揚のチャンスが来ていると感じる。(吉)

関連記事

フォトニュース

  1. 御坊で会いましょう!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る