仁坂知事 議会でコロナ対策に決意

 県議会9月定例会が9日開会し、仁坂吉伸知事が行政報告の中で新型コロナ対策の長期化を見据えた和歌山の再生に意欲をみせた。

 県内のコロナ発生状況などについて報告。「幸いにも和歌山県内は6月の経済活動再開以降、観光需要が回復に向かい、地域の経済活動にも持ち直しの動きがある。しかし、世界的な感染拡大の長期化で今後経済への影響はさらに広範に及んでくることが懸念される。県としてはこれらの状況を注視しつつ、この状況下を耐え抜き、地域経済を維持する必要がある」とし、「来年はワールドマスターズゲームズ、紀の国わかやま総文、紀の国わかやま文化祭とビッグイベントが目白押し。これを契機に国内外に県の魅力を発信。県民一丸となって和歌山の元気を取り戻すよう準備している」と説明した。

 また、「未来への投資として小型ロケット発射場建設やIR(統合型リゾート)の実現、ICT企業の誘致など本県の発展を加速化する取り組みも進めている。大都会でのテレワークの普及やコロナ感染による海外生産拠点とのサプライチェーンの分断など、感染拡大を契機としたさまざまな環境変化はこれまで県が取り組んできた政策の推進に道を開く可能性がある。この好機を大いに生かし、時流を的確にとらえた政策も果敢に取り組みたい」と力を込めた。

 コロナ対策を含む一般会計補正予算など議案17件、委任専決報告11件について提案理由説明を行った。

写真=本会議場で行政報告する仁坂知事

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る