事件には誠実かつ真摯に

 和歌山地方検察庁の新しい検事正に、飯島泰氏(54)が23日付で着任、和歌山市の地検で記者会見し、「県民の皆さまの安全安心をより高めるべく、一つ一つの事件に誠実かつ真摯(しんし)に向き合っていきたい」と抱負を語った。

 飯島検事正は横浜市出身で、一橋大学法学部を卒業後、1992年4月に東京地検の検事として入庁し、法務省刑事局公安課長や最高検検事を歴任。昨年4月から盛岡地検の検事正を務めていた。

 会見では「目標の実現には県民からの信頼が何より重要」とした上で、県警をはじめ関係機関と緊密な連携を図り、「悪質な特殊詐欺事件が全国的な問題になっている。和歌山でも撲滅を目指して尽力したい」と強調。法務省で犯罪被害者らの保護に関する法律づくりに携わった経験を踏まえ、「被害者やご遺族の気持ちに寄り添うのは大事。他方、被告人らの権利を保障するのも大事で、両者のバランスをとることが重要」と述べた。

 また、司馬遼太郎の作品を愛読する歴史好きで、過去には県内を訪れたこともあるという。和歌山の印象については「熊野三山や高野山といった風光明媚(めいび)な歴史的文化遺産が多い」と述べ、「再び史跡や名所を訪れるのが楽しみ。趣味の写真を撮って回りたい」と話した。

写真=会見で抱負を語る飯島検事正

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る