リフレッシュプラン延長を

 みなべ町商工会青年部が6月から3カ月にわたって実施した、みなべのやにこいスタンプラリーに、主催者の予想を大幅に上回る延べ3万人以上が参加して終了した。新型コロナで疲弊した町内事業者や地域住民を元気づけようと企画したイベントは、大成功だったといえる。応募には最低でも2500円の買い物が必要で、単純に計算しただけで少なくとも7500万円以上の経済効果があったことになる。スタンプを集めて応募すれば、1等5万円、2等1万円などが当たる魅力とインパクト大のイベント。町民だけでなく、町外、県外の利用者もたくさんいたことからも、消費者の購買意欲をくすぐる内容だったことがうかがえた。

 和歌山県が経済対策として行っている「わかやまリフレッシュプラン」も予想を上回る人気という。県民が県内での宿泊や日帰り旅行、食事などを半額で楽しめる内容。筆者も日高地方の旅行会社が提供する食事プランを利用したが、非常に満足のいく内容だった。普段なかなか行く機会のなかった店に行ける、コスパがいいなど魅力たっぷりの内容に、思わず購買意欲をそそられたのが理由。県によると14日現在、販売数が上限に達し、一時休止しているという。ぜひ予算を確保して延長してもらいたい。

 政府のGoToトラベルキャンペーンも魅力だが、県外への旅行に躊躇している人が多いのが現状だろう。わかやまリフレッシュの人気からも、今は安全な県内で楽しむのが賢明と思っている人が多いということ。リフレッシュプランの店舗や食事の内容をさらに利用しやすくブラッシュアップしてもらえれば、利用者はもっと増えるし、地元の魅力を感じるきっかけになると思う。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る