みなべ町長選 小谷さんが無投票4選

 任期満了に伴うみなべ町長選(町議と同時)が29日告示され、現職小谷芳正氏(71)=筋=以外に立候補者はなく、小谷氏の無投票の4選が決まった。気佐藤地内の選挙事務所では祝勝会が開かれ、小谷氏はくす玉割りや万歳三唱で支持者とともに喜びを分かち合い、まずは新型コロナ感染防止対策と経済対策を両立させていくと決意。「みなべ町に住んでよかったといってもらえるまちにしたい」と語った。

 午後5時に立候補の届け出が締め切られ、当選の一報が入ると、事務所は拍手に包まれた。支持者約200人が集まったなか、舛井多喜郎後援会副会長が「無投票当選できたのは皆さんのご支援のおかげ」と、辻村武文後援会長のメッセージを代読。小谷氏と勢津子夫人(67)に花束が贈られ、当選を祝うくす玉割りのあと、舛井副会長と西山博康副会長と3人で万歳三唱。勝利の梅ジュースで乾杯した。

 日高地方6市町の首長や郡選出県議、国会議員秘書らも祝福に駆け付けた。坂本登県議は「われわれ郡選出の3人の県議が力を合わせて小谷町政のために頑張る」、日高郡町村会長の松本秀司日高町長も「日高は一つを合言葉に、日高地方の発展に頑張っていこう」と祝辞を述べた。

 小谷氏は「当選することができ、皆さんのご協力に感謝申し上げます」と頭を下げ、「反省するところも多々ある。約束をしながらできなかったこともたくさんあるので、それらをこの4年間で一つでも前に進めていきたい」と4期目へ決意。今後取り組む施策として、新型コロナ感染予防対策と経済の両立、コロナ対策の一環としてインフルエンザ予防接種の65歳以上の高齢者、中学生以下の子ども、学校関係者、医療従事者の無料化、梅のコロナに対する機能性検証、防災広場整備とこども園の移転新築などを挙げ、「やらなければならないことはたくさんある。県会、国会議員の皆さんの力を借りながら前へ進めていく」とあいさつした。

 祝勝会後の記者の取材に対し、4期連続無投票については「町民の皆さんの協力のおかげ。今後も町民目線で行政運営したい」と述べ、まず取り組むこととしては「コロナの感染予防はもちろん、経済対策と両立させる。特に観光の復活が大切で、平常に戻る手立てをしていきたい」と述べた。

写真=小谷町長㊥、舛井副会長㊧、西山副会長と万歳三唱

関連記事

フォトニュース

  1. 鬼滅のアレも出るかも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る