そろそろちがいますか

 御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務付けられて14年となる今年は、7月1日現在で85・1%(条例適合率70・2%)。県内の78・9%、全国の82・6%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が目安。同消防は日ごろの維持管理や作動確認を呼びかけている。

 住宅用火災警報器は、2006年6月施行の改正消防法で新築住宅への設置が義務化された。既存住宅は5年間の経過措置がとられて11年6月から。住宅火災による死亡原因で多い逃げ遅れを防ぐのに有効で、警報器が鳴って火災に気づき命拾いしたケースが全国各地で報告されている。

 同消防管内でも2018年4月、台所の電気トースターでパンを焼いてその場を離れたところ、警報器が作動。室内は煙が充満し、トースター内部でパンくずが燃えていたが、火災には至らなかったという。

 警報器の交換時期の目安は10年。早くから設置している住宅ではすでに10年が過ぎ、老朽化すると火災を感知しない恐れがある。既存住宅も義務化から9年、それまでに設置したものは交換時期の目安を経過。電子部品の寿命や電池切れで作動しない危険もあるという。

 同消防は広報車や市の広報紙で設置や維持管理を啓発。「住宅用火災警報器は火災を早期に発見し、あなたの命を守ることができます。かけがえのない命を火災から守るために設置しましょう。すでに設置している場合は維持管理が必要。定期的に点検ボタンを押すか、点検ひもを引いて作動確認し、音を聞きましょう」とし、「そろそろ交換時期ではありませんか。設置時期を調べるには設置年月を記入しておくか、本体に記載されている製造年を確認。また、悪質訪問販売には注意してください」と呼びかけている。

 詳細は予防課℡0738―22―4899。

写真=「作動するか確認お願いします」と御坊市消防職員

関連記事

フォトニュース

  1. こらめちゃくちゃうまいで!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 写真=広島県江田島の海軍兵学校へ入校した俊一さん スマートな海軍に憧れて 日高地方の基幹病院であ…
  2. 写真=軍服の左胸につけていた歩兵第61連隊の徽章 連隊の自信と誇りを胸に 「最近、こんな物を手に…
  3. 写真=海軍の軍服に身を包んだ若き日の吉野さん 潜水艦搭乗で胸を病み夭折 今年の連載第1回(8月5…
  4. 写真=保養所で療養していた当時の坂本さん(後列右から5人目) 戦死した兄の敵を討つ みなべ町埴田…
  5. 写真=国民学校時代の体験を話す木下さん 子どもたちの生活にも暗い影 1931年(昭和6)の満州事…

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=よい睡眠について語る木村さん  ヤクルト御坊センター主催の健康教室が、美浜町吉原の新浜集…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る