そろそろちがいますか

 御坊市消防は、住宅用火災警報器の設置率を発表した。設置が義務付けられて14年となる今年は、7月1日現在で85・1%(条例適合率70・2%)。県内の78・9%、全国の82・6%を上回った。一方、警報機の交換時期は10年が目安。同消防は日ごろの維持管理や作動確認を呼びかけている。

 住宅用火災警報器は、2006年6月施行の改正消防法で新築住宅への設置が義務化された。既存住宅は5年間の経過措置がとられて11年6月から。住宅火災による死亡原因で多い逃げ遅れを防ぐのに有効で、警報器が鳴って火災に気づき命拾いしたケースが全国各地で報告されている。

 同消防管内でも2018年4月、台所の電気トースターでパンを焼いてその場を離れたところ、警報器が作動。室内は煙が充満し、トースター内部でパンくずが燃えていたが、火災には至らなかったという。

 警報器の交換時期の目安は10年。早くから設置している住宅ではすでに10年が過ぎ、老朽化すると火災を感知しない恐れがある。既存住宅も義務化から9年、それまでに設置したものは交換時期の目安を経過。電子部品の寿命や電池切れで作動しない危険もあるという。

 同消防は広報車や市の広報紙で設置や維持管理を啓発。「住宅用火災警報器は火災を早期に発見し、あなたの命を守ることができます。かけがえのない命を火災から守るために設置しましょう。すでに設置している場合は維持管理が必要。定期的に点検ボタンを押すか、点検ひもを引いて作動確認し、音を聞きましょう」とし、「そろそろ交換時期ではありませんか。設置時期を調べるには設置年月を記入しておくか、本体に記載されている製造年を確認。また、悪質訪問販売には注意してください」と呼びかけている。

 詳細は予防課℡0738―22―4899。

写真=「作動するか確認お願いします」と御坊市消防職員

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る