24日から七つの扉の観光同遊キャンペーン

 日高広域観光振興協議会が新たな観光周遊キャンペーンとして、24日から「ひだかさんぽが仕掛けた七つの扉(ナナトビキャンペーン)」を開始する。日高地方の飲食店や専門店、観光施設等で扉の鍵となるパスワードを手に入れ、協議会が管理・運営するホームページから応募すると、抽選で七つの扉ごとに違う賞品が当たるシステム。すべての扉を解除すれば、ペア宿泊券が当たるコンプリート賞にも応募できる。

 扉は森、海、古、泉、饗、川、宝の7種類あり、それぞれに3000円相当の賞品を用意。24日以降、日高地方の93カ所の飲食店や特産専門店、観光施設などに扉の解除に必要なパスワードを記した三角柱がセットされ、その場でQRコードを読み取ってパスワードを入力すれば応募できる。

 三角柱の設置場所は1つの扉に10カ所前後設定されているが、パスワードは各扉に1種類となっており、1カ所だけでも回ればパスワードを手に入れ、扉を開けることができる。さらに、7つの扉をすべて解除、応募すれば、2万円相当のペア宿泊券が当たるコンプリート賞(5人)にも応募できる。

 キャンペーンは来年2月末までで、応募期間は第1回が今月24日から10月31日まで、第2回が11月1日から12月31日まで、第3回が来年1月1日から2月28日まで。各扉の賞品当選者は各回2人で、応募は各回1回となっている。

 三角柱の設置場所は協議会の観光総合サイト(紀中を巡る~Hidaka History)内のキャンペーンぺージで見ることができる。

 各扉の協賛企業、賞品は次の通り。

 森=紀州梅専門店五代庵(紀州五代梅の心)▽海=紀州農業協同組合(tomato―ume)▽古=有限会社あんちん(あんちん つりがね饅頭)▽泉=MARUNI㈱(紀州南高梅)▽饗=いなみの料理広め隊(かきまでご飯の素)▽川=㈱ウメタ(梅珠手箱)▽宝=雲水(雲水 釣鐘まんじゅう)

写真=三角柱のパスワードを手に入れ、七つの扉を開けよう

関連記事

フォトニュース

  1. 美浜町で戦没者法要

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る