9月の台風が怖い

 連日の猛暑で体はもうへとへと。早く涼しくなってほしいと願う反面、日が暮れるのが少しずつ早くなり、栽培している夏野菜の葉がしおれ、朝から騒がしかったセミの声が夜のスズムシの声に代わったことに気が付いて、季節は確実に進み、夏が終わろうとしていることに少し寂しさを感じる。今年は特に、泳いだり、友人や親せきとバーベキューをしたりなど夏らしいことを何もしなかったせいかもしれない。

 秋を感じると心配なのが台風。筆者は20年以上大阪で暮らし、和歌山の台風の怖さを忘れていたところ、3年前に帰郷し、2年前の9月に襲来した台風21号に遭遇。自宅の屋根の瓦がずれて雨漏りしたり、テラス屋根が支柱ごと飛んでしまったりと被害を受け、台風の通過を家で一人ぼっちで過ごした飼い猫も含めトラウマになっている。

 気象庁によると、和歌山への台風の上陸数は全国3位の24回(1951年~19年)。1位は鹿児島の41回、次いで高知の26回となっている。気象サイトウェザーニュースが発表した今年の台風の傾向のうち、8~10月のシーズン後半について、太平洋熱帯域でラニーニャ現象が起き、台風発生域の海面水温が平年より上昇し、台風の発生数が増え、発達すると予想。現在沖縄近海に発生中の台風8号も海水温が高く、数日で一気に発達し、勢力を保ったまま進んでいる。北進の予報でホッとしたが、偏西風が南下してくる9月は、本州付近へ向かうことが多くなる。

 台風の発生、接近の予報が出る前に、周囲の側溝や雨どいを掃除して、飛んで行きそうなものは撤去。2年前苦しんだ停電にも備え、懐中電灯の電池や携帯電話のモバイルバッテリーをチェックして、非常食や水、避難場所や経路の確認もしておこう。(陽)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る