青い鳥 重松清著

 吃音を持つ非常勤講師の村内先生と、様々な傷を抱えた中学生達との交流を描く短編集。村内先生の言葉が中学生の繊細な心のすき間に寄り添い、埋めていきます。重松作品は多数映像化されていますが、こちらの作品も2008年に阿部寛主演で映画化されています。本のタイトル、映画化の元にもなっている、《青い鳥》というお話を少しご紹介。

 物語 村内先生が赴任してくる前の1学期。野口は何でも言うことを聞いてくれる便利な奴として「コンビニくん」とあだ名をつけられ、クラスのみんなにいじめられていた。2学期に入って、野口はいじめに耐えきれず自殺未遂を起こし、転校してしまう。それから学校はいじめの過去を消そうかとするように平常に戻る。野口と仲良くしていた園部は、自分はいじめに加担していないと思いたかったものの、後悔が残っていた。そんななか村内先生が赴任してきた。先生は突然机と椅子を運んできて、「野口君、おかえり」と誰もいない席に声をかけ始める。園部はなぜそんなことをするのか村内先生に問うと、「これは野口にとっては一生忘れられない出来事なんだ。それを皆が忘れることはひきょうだろう? 野口にしたことを皆は忘れてはいけない、これは責任なんだ―」。その言葉が園部の心に突き刺さり、先生の前で大泣きしてしまうのであった。

 村内先生は上手く話せないから、本当に〝たいせつ〟なことしか言いません。だからこそ、その言葉が生徒達の心を揺り動かします。生徒の心情の細かな描写などはさすが重松ワールド、引き込まれます。実は彼も吃音を持っていて、村内先生に自分なりのヒーロー像を投影したのだとあとがきで紹介されています。重松作品は多数もっていますが、なかでも大好きな作品です。

関連記事

フォトニュース

  1. 傘差しや並進はせんといてね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る