運転は飲酒も逆走もだめ

 26日未明、有田川町の高速道路を酒を飲んで乗用車を運転し、逆走して事故を起こした会社役員の男が、道路交通法違反(酒気帯び運転)の疑いで逮捕された。報道によると男は逮捕直前、約2㌔にわたり逆走したとみられており、トラックと接触事故を起こしていた。この事故で大きなけがをした人がいなかったのが幸いだ。

 その後の調べで、男は「和歌山市内の飲食店で知人とハイボールなどを数杯飲んで帰宅途中だった」と供述しているようで、県警高速隊は男が現場から約2㌔離れた吉備湯浅パーキングエリアに立ち寄った後、反対車線に進入し、逆走したとみて捜査中。また、男は乗用車を避けるために、道路脇に停車していた4㌧トラックに接触したそう。

 飲酒運転かどうかにかかわらず、NEXCO西日本のホームページをみると、全国の高速道路ではおおむね2日に1回の頻度で逆走が起きているという。逆走の約6割はインターチェンジ(IC)やジャンクション(JCT)で発生。75歳以上の割合は、免許保有者の6%に対し、逆走した運転者の45%を占めている。また、逆走事故は死傷事故になる割合が高速道路での事故全体に比べて約5倍、死亡事故になる割合が約40倍。逆走が発生しやすい場所とパターンとして、目的の出口を通過してしまい本線上やIC部でUターン、行き先を間違え本線合流部でUターン、SA・PAでの流出ランプの間違いが挙げられている。

 高速道路でのUターンやバックは厳禁。友人はUSJへ行くのに大阪市内をぐるぐる回ったと話していた。飲酒運転はもちろん逆走は大変危険。どんな事情があっても絶対にしてはいけない。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. この野菜はな~んだ?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る