逆ソクラテス 伊坂幸太郎著

 話題作をコンスタントに発表してくれる伊坂幸太郎の近著をご紹介します。全5編の連作短編集で、すべて小学生目線。私が注目したポイントは、著者が「デビューしてから二十年、この仕事を続けてきた一つの成果のように感じています」とこの本について述べたことです。

 物語 小学六年生の「僕」、転校生の安斎、クラスみんなに見下げられている草壁、優等生の女子佐久間の4人は、秘かにある作戦を実行していた。それは、草壁をバカにする言動ばかりとる偏見の持ち主、担任の久留米に一泡吹かせること。安斎は言う。「敵は先入観なんだ」と。「勝手に決めつけて偉そうにするヤツらに、負けない方法がある」と。それは「僕はそうは思わない」そうはっきりと言うことだ。そんな安斎が次々に繰り出すアイデアに従い、「僕」、草壁、佐久間は久留米の価値観をひっくりかえすべく奮闘する。そのチャンスは、プロ野球選手が学校へ来た時に訪れた…。(「逆ソクラテス」)

 「僕」たちのクラス担任、久保先生は大学を出たての若さだけど全然やる気がない。クラスを牛耳る騎士人(ナイト)の指図で、皆が缶ペンケースを落として授業を妨害しても、「落とさないよう気をつけなさい」というばかり。いつも同じ服を着ていて騎士人にバカにされている転校生の保井福生は、「僕」に「ちょっと騎士人を痛い目に遭わせようよ」と持ちかける。2人は騎士人の弱みを握ろうと画策するが、その過程で「教員志望の学生として理想に燃えていたのに、恋人を事故で失って無気力になった」という久保先生の秘密を知る…。(「非オプティマス」)

 「ソ、ソ、ソクラテスかプラトンか、みーんな悩んで大きくなった」と、野坂昭如がCMで歌い踊っていたのは1976年。私は現役の小学生でしたが、ソクラテスの名を知ったのは多分その時のこと。「無知の知」すなわち「自分は何も知らない、ということを知っている」という言葉を知ったのはもっとあとでした。「逆ソクラテス」の意味するところは、「何も知らないということを知らない」。 

 「敵は先入観だ」という言葉が、一冊を通じてのキーワード。すべてのタイトルに「逆」「非」「アン」と否定の接頭語などがついていますが、それも内容を象徴しているように思えました。時代の波に流されること、先入観に支配されることを拒否しつつ、自身の作り出す波に軽やかに乗っていくという生き方のスタイルを、子ども世代も含めた読者に鮮やかに提示しているような。「二十年この仕事を続けてきた成果」と著者がいうのは、そのバランスを会得したうえで思い通りに形にし、世に問うことができたという思いなのでしょうか。

関連記事

フォトニュース

  1. 事件には誠実かつ真摯に

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る