肉声だからこそ伝わる事実

 きょう8月15日で、昭和20年(1945年)の終戦から75年が経過する。毎年8月に掲載している本紙の連載企画「終わらざる夏 それぞれの戦争を訪ねて」の取材に昨年、今年と参加。今年は、「神戸大空襲」に実際に遭遇された95歳の女性にお話をうかがうことができた。鮮明に残る当夜の記憶を、克明に語ってくださった◆家々が燃え、焼夷弾が雨のように降りしきる中を家族でしっかり手をつないで走っていく恐ろしさは、想像を絶する。「前にいる人の服に落ちる火の粉を、手で叩いて消し続けた」との生々しい述懐から臨場感が迫ってきた。その場の空気の熱さを想像すると、「防空壕に入った人たちが蒸されるようにして死んでいた」という事態、その惨状が戦慄と共に実感を伴った情報として心に刻まれる◆数字的な記録を残すことと同じくらい、肉声は重要である。そこにその人がいたからこそ感じることができた具体的な色、音、温度、そして感情を、そのままに伝えてもらえる。簡潔に整理され、要約された抽象的な言葉というものは心の奥に引っかかることなく、上滑りしていってしまう。実際に空襲を体験した方の声を聞かせていただいた、このこともまた貴重な体験である。聞いた者の責任として、折に触れ発信していかねばならないと肝に銘じる◆きょう8月15日は盂蘭盆会の3日目、家に戻っていた亡き家族の魂が彼岸へ帰るとされる日でもある。「この世もあの世も心は一つ」と、妖怪漫画家水木しげるの自伝的漫画にあった。亡き人に、そして未来を生きる世代に、戦争のない時代を恒久的に続けることを誓う。それはこの先も、何十年という年月を重ねても、引き継いでいかれるべき心であろう。(里)

関連記事

フォトニュース

  1. がんばりまっしょい!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る