美浜の岡本さんがふるさとの思い出出版

 美浜町三尾、法善寺前住職の岡本淨さん(79)は、傘寿を機にふるさと三尾の思い出を書き留めた本「わたくしの故郷 なつかしき三尾」を出版した。

 1941年(昭和16)生まれの岡本さんが、生まれ育った三尾での幼少期の思い出や当時の風習、周囲にいたカナダ移民者のことなどが細かく記されている。まだ幼かった戦時中の逢母の空襲や、防空壕へ避難した記憶もつづり、特に印象に残っているという「戦後、駐留していた兵隊さんが列になって帰っていくとき、乾パンをくれた」エピソードも書かれている。

 戦後の小学校の様子、物がない中の当時の遊び、鶏の世話、風呂焚きなどの思い出の中でも、残り火で焼いた焼き芋を楽しんだこと、三尾で初めてテレビが見られるようになったときのことなど貧しいなかにも心豊かな様子が伝わってくる。漁業、医療、偉人などにも触れ、岡本さんが撮った写真のほか、父鳳堂さんが撮っていた古い写真も使われている。

 岡本さんは、「大学生や、語り部ジュニアの子たちが、三尾の昔のことを聞きにきてくれる機会があり、古いことを知る人も減ってきているので書き留めておくことにしました。私の行動範囲が中心で、記憶をたどった内容に過ぎませんが、子どもさんにも読みやすくしてあるので、地域の学習に役立ててもらえれば」と話している。

 同書は、販売しておらず、町立図書館やカナダミュージアムで読むことができるほか、希望者には進呈するという。問い合わせは岡本さん℡0738―62―2022。

写真=著書を手に岡本さん

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る