美浜で保護司ら研修 大谷さんが経験語る

 美浜町の保護司と更生保護女性会の合同研修会が26日、中央公民館で開かれ、保護司7人と女性会17人(うち2人は保護司兼任)のほか、日高保護司会の伊東直彦会長も参加した。

 研修会は、今年11月で保護司を定年退任する三尾の大谷雅昭さん(76)が、「肯定できる自分さがし」をテーマに、全国の少年院で36年間法務教官を務めた経験と、退職後の調停委員や少年友の会の付添人、民生委員の主任児童委員として実際に関わった少年らとの具体的なエピソードを中心に話した。

 暴走行為をしていた少年が、対立グループ側についた暴力団員を仲間と殺害した事件では、仲間は殺意を認めなかったがこの少年は素直に殺意を認め、自分の犯したことの重大さに気がつき、「こんな僕でも生きていていいんですか」と話したことを紹介。「罪を犯した少年たちに反省文を書かせると、みんな上手に書くが、口先だけの反省では更生にならない。それぞれが自分自身に対して負い目、満足しきれない思いを抱えている。そこから『信頼できる、肯定できる自分』を自分で見つけることが本当の意味の反省につながる」とし、「誰にでもいいところが必ずある。罪を犯した人が自己満足にならず、周囲も認めるような『肯定できる自分』を探すことが必要なんだと、多くの子どもたちと接してきて感じた」と話した。

写真=これまで出会った少年とのエピソードを話す大谷さん

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る