東野圭吾公式ガイド 東野圭吾作家生活35周年実行委員会編

 名実ともに当代随一の人気作家、東野圭吾の作家生活35周年を記念する「公式ガイド」が出ました。

 扉のページには、全96作品の著作を「35」の形に並べた粋な写真。それから著者の年表。デビュー前の1983年、江戸川乱歩賞への応募から始まり、昨年の第1回野間出版文化賞受賞、今年の「クスノキの番人」出版まで軌跡が端的にまとめられています。次に、96冊の自著解説。それから「加賀恭一郎」「ガリレオ」「マスカレードホテル」とシリーズ物の紹介と分析。そして貴重なロングインタビュー2本。趣味の域を超えるスノーボードへの情熱や、創作の裏側が語られます。最後に「読者1万人が選んだ! 東野作品人気ランキング」の結果発表…という内容。

 私は東野作品に関しては、「デビュー作からずっと読み続け、途中で見限って離れ、しばらく経ってまた戻ってきて、空白期間を埋めるべく新作と並行して旧作を読んでいる」というスタンス。前作の「25周年記念公式ガイド」を通して読むとなぜ自分が一時離れたのかよく分かり、有意義でした。

 本書でここ10年の歩みを読むと、還暦を超えてなお研ぎ澄まされたアイデアと精力的な執筆姿勢をキープする著者の凄さが分かります。この人はただの流行作家じゃありません。確固たる自分の表現したいものが芯にあり、その上で最大限に読み手のことを考えて表現できる。アーティストと職人の両方の資質をバランスよく併せ持った、そういう意味では最強の作家だと思います。

 最大の不満は「1万人が選んだ」ランキングが前回の内容と同じであること。これはぜひ、96作品を対象として新たにアンケートを取り直してほしいですね。「ナミヤ雑貨店の奇蹟」や「夢幻花」がきっと上位に食い込んでくるはずです。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る