映画「ソワレ」 ジスト御坊で写真展スタート

 日高地方や和歌山市でロケを行った映画「ソワレ」がいよいよ28日から全国公開。撮影に全面協力した御坊日高映画プロジェクト実行委員会(阪本仁志委員長)は前日の27日からオークワロマンシティ御坊店内にあるジストシネマ御坊前で、撮影風景を紹介する「ソワレ写真展 メイキング・フォト・エキシビション」を開いている。

 「ソワレ」は俳優・演出家の豊原功補さん、歌手・女優の小泉今日子さんが立ち上げた新世界合同会社の第1回プロデュース作品。外山文治監督。脚本も担当した外山監督は御坊市内の民家に2週間滞在し、自転車で街を走って物語を考えたという。撮影は昨年7月、3週間にわたって行われた。

 写真展では、主演の村上虹郎さんと芋生悠(いもう・はるか)さん、外山監督をはじめキャスト、スタッフが撮影合間にくつろぐ笑顔、演技について真剣に話し合う表情、地元の人々と和やかに触れ合う様子などを捉えた写真32枚を展示している。映画では悲しい表情が多かった芋生さんが子どもと明るく笑う写真、村上さんと小泉さんがときわ寮川辺園で話す写真、作中に登場する絵とき説法を前に道成寺で待機する写真などが並び、来場者は熱心に見入った。

 委員長の阪本さんは「外山監督は、『この作品はダブル主演だけど、もう一つ、和歌山の風景も主演』と言われていました。場面転換に効果的に使われる煙樹ケ浜など、風景の美しさを地元の方にこそ見て頂けたらと思います。ぜひ映画館に足を運んでください。映画館の換気能力は素晴らしく、20分で空気が完全に入れ替わるという実験結果もあります。客席も間隔を空けて設定しています」と話している。

 「ロケ地マップ」も製作。日高地方8カ所、和歌山市5カ所のロケ地を地図と写真で紹介したほか、スタッフが利用した飲食店6店も紹介。全国の劇場で無料配布し、御坊日高をPRする。ジストシネマ御坊でも会場に備えている。「御坊・日高の撮影を振り返って」として、村上さんの「いろんな神社の一貫した強い朱色が印象強かった」、芋生さんの「早くまた遊びに行きたい」、外山監督の「煙樹ケ浜の朝焼け、海の美しさは忘れられない」、小泉さんの「皆さま親切で優しい。美しい景色を見て育つと心が豊かになるのかしら」などの言葉が紹介されている。

 ジストシネマ御坊の上映時間は午後0時40分からとなっている。火・水・金・土曜は午後8時10分からもある。

写真=日高地方等を舞台に、撮影風景を生き生き捉えた写真が並ぶ

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る