日高町の交付金不正受給 議会が執行部に説明求める

 日高町議会は24日、全員協議会を開き、町道改良工事を担当していた産業建設課の課長補佐(46)が文書を偽造するなどし、国からの交付金約7300万円を不正受給していた問題について執行部から説明を求めた。

 同事業は2015年度から高家地内で行われており、既設道路約780㍍を拡幅する工事。課長補佐が担当していたが、橋の設計基準の変更などがあったため工事が予定通りに進まず、工事契約書や工事検査調書を偽造し、18年度からの繰越分で2200万円、19年度で5100万円の交付金を不正に受給していた。

 全員協議会には執行部から松本秀司町長、田中達也副町長、坂本佳史産業建設課長、塩路晴彦総務政策課長の4人が出席し、不正受給に伴う金額の流れなどを説明。議員からは「偽造文書作成に使われた公印の管理状況はどうだったのか」「課内の情報共有はどうだったのか」などと質問があり、町は「公印は総務政策課で保管していた。悪意があれば、不正に押せる状況だった」「情報共有が十分とは言えなかったので、こういうことが起こったのだと思う。今後は個別面談や担当職員との意見交換などを密にしていきたい」などと答えた。

 ほか、対策としては「1つの事業については主担当と副担当を決めているが、主担当1人で事業を進めてしまうことが多い。今後は主担当、副担当の2人が仕事の内容を把握できるようにしていきたい」などとした。職員のコンプライアンス徹底にも取り組む。事業の遅れを心配する声もあり、担当課長は「工事完了まであと2、3年はかかる」と答えた。

 町によると、国への返還金は不正に受け取っていた約7300万円に加え、ペナルティーとしての加算金(年間10・95%)を含めて返金となる。

 松本町長は「職員が一丸となって汗をかいて業務に従事し、町民の信頼回復に向けて努めていきたい」と述べた。

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見ごろです

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る