日高町で語り継ぐ戦争展

 終戦の日の15日、日高町中央公民館で戦争に関する遺品や資料を集めた「語り継ぐ戦争と平和資料展」が開かれた。今年はコロナ禍で一日だけの開催となったが、子ども連れの家族や30代、40代の比較的若い世代も多く、約150人が来場。萩原に住む元特攻隊員花道柳太郎さん(95)が所有する陸軍の極秘資料のコピーなどに見入り、戦後75年の節目に反戦、平和への思いを新たにした。

 主催は憲法改正に反対する立場の日高町平和を願う9条の会(田中薫代表世話人)。戦争の実態を調べ、体験者の記憶を聞き、若い世代に語り伝えていく活動の一環として、展示会は毎年夏に1週間程度開催しているが、コロナ禍の今年は来場者の感染防止対策を徹底し、15日のみの開催となった。

 展示内容は、出征兵士の戦場での無事を願う千人針、特攻隊員に贈られた日の丸の寄せ書き、中志賀の山に落ちた焼夷弾の破片など。戦争末期、陸軍重爆特攻隊員として沖縄の海に出撃しながら敵を見つけることができず、生還した花道さんからは、幻の特攻機ともいわれる「さくら弾機」の機体の一部などが展示され、特攻隊員用の心構えなどを示す極秘資料「と號機空中勤務必携」も来場者の関心を集めた。

 御坊市湯川町富安の山田慈子さん(88)は13歳で終戦を迎え、今回の展示には「国民学校、女学校時代は勉強そっちのけで、農家の勤労奉仕に行ったり山で拾い集めたどんぐりの実を(戦闘機の燃料用に)供出したり、千人針に針を通したことなんかも思い出しました。これからも平和が続くことを願っています」。祖父、父と一緒に来た内原小学校6年生の中津凛香(りこ)さん(11)は、「ドラマや映画で戦争のシーンを見たことはあるけど、展示されている本物の兵隊さんの写真や資料は生々しく、戦争の悲惨さや怖さをすごく感じました」と話していた。

写真=日の丸の寄せ書きなど展示に見入る来場者

関連記事

フォトニュース

  1. 気軽にご利用、ご来場ください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る