日高川の池でハス30輪咲く

 日高川町入野の田土池(たどのいけ)で、大正時代から植えられているハスが多くの花を咲かせている。23日朝には30輪ほどが確認され、池のほとりに住む古田義信さん夫婦は「盆を過ぎてこれほど多くの花が咲くのは、私たちが世話をしてから初めて」と話している。

 入野区が管理する周囲40㍍ほどの旧農業用水池で、現在は使われていない。ハスは、古田さんの父の義一さんが中学生の頃、買ってきたレンコンに石をくくりつけて池に放り込んだものが定着。100年ほど咲き続けている。

 今になって多くの花を咲かせた理由について、和歌山大賀ハス保存会会長の阪本尚生さんは「長い梅雨で成長が停滞していたところに、記録的な高温と長時間の日照で成長が促進されたのでは」と分析している。ハスの品種は不明。花の色はピンクで、条線のはっきりした大輪を咲かせる。直径は30㌢を超え、大きなものでは40㌢近くになる。

 阪本さんは「大阪府の天然記念物の原始蓮に似ています。おそらく在来の地蓮系統ではないかと推測しますが、100年間にわたり狭い池で自家交雑を繰り返してきていますので、この池独特の品種として遺伝的に固定されていると思われます。古田蓮、田土の蓮、入野蓮といった名称がふさわしいのではないでしょうか」と話している。つぼみもたくさんあり、9月上旬まで花がみられそう。

 古田さんの祖父の幸吉さんは南方熊楠のいとこに当たり、神社合祀反対運動にも協力したという。

写真=田土池で咲いた大輪のハス

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る