御博2020 今年は9月12日から16日間

 9月12日に開幕する日高地方の地域活性化イベント、「御坊日高博覧会2020」=通称御博(おんぱく)=のキックオフミーティングが23日、日高川町の川辺テニス公園で開かれ、37のプログラムが発表された。新型コロナウイルス感染防止を強く意識し、屋外のイベントが例年より多く、リモートでも楽しめる新規イベントがいっぱい。コロナ禍だからこそ地域の魅力を発見できる新たな御博として人気を呼びそうだ。

 今年で6年目を迎える御博は、全国的な新型コロナウイルスの感染拡大に伴い中止も検討したが、感染防止対策を徹底しながらこれまでにない方法で地域の魅力を発信しようと、一部規模を縮小して開催することにした。これまでは40日前後の開催期間だったが、9月12日から27日までの16日間とする。毎回1万部発行していたパンフレットをなくし、プログラムのPRや参加申し込みはウェブやSNSを中心に行っていく。

 プログラムはコロナ禍でも楽しめる内容を意識した新規の体験イベントがいっぱい。休耕田を活用した「田んぼで遊ぼう! 泥んこ運動会」、みなべ町で「熊野古道で星空ツアー」、SUP(スタンドアップパドルボード)に乗って「自然豊かな日高地区の海を水上散歩」など豊かな自然でのアクティビティが盛りだくさん。罠猟から解体、試食まで体験できる「大型野生動物、捕獲して食べてみる」、「秘湯・美山温泉でランチ付き瞑想体験」などユニークな新規イベントもエントリーしている。リモートで楽しめるオンラインプログラムとして、「おうちでビブリオバトルin 御博」、高校生おんぱく部の「音イントロクイズ&脱出ゲーム」など4つを用意。新たな取り組みとして、行政とコラボしたプログラムもあり、バラエティ豊かな内容ばかり。

 新型コロナ感染防止を徹底して行う。参加者にもマスク着用や手洗いなど対策をとった上で利用するよう求める。

 キックオフミーティングにはプログラムを提供するパートナーら約30人が参加。谷口光実行委員長は「悩んだが、工夫して楽しんでもらおうと開催することにした。リモートや屋外体験、第1回から参加の鉄板プログラムもあり、みんなで盛り上げていってほしい」とあいさつした。和歌山大学経済学部の大澤健教授の講演のあと、パートナーが意気込みを語った。

写真=感染防止対策を徹底しながら地域を盛り上げる

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る