元気でやっているか

 美浜町和田、陸上自衛隊和歌山駐屯地(荒木憲司令)に3日、神奈川県横須賀市にある陸上自衛隊高等工科学校へ進んだ県内出身の生徒3人が訪れ、荒木司令に近況を報告した。

 陸上自衛隊高等工科学校は、武山駐屯地内にある全寮制の男子校で、普通科高校の一般教育に加え、電子機械工学や情報工学の専門教育、陸上自衛官の心得や戦闘、戦技訓練などの防衛基礎学を3年間で習得。陸上自衛官となる人を養成、教育する国内唯一の高校となっている。

 規律正しい集団生活で、カリキュラムも多く、体力も必要だが、在学中は特別職国家公務員となり、月額10万円前後の手当と年2回の期末手当が支給される。卒業後は陸曹候補生課程を経て、各部隊に配属されるほか、防衛大学校や航空学生等の道もある。荒木司令も卒業生の一人。

 この日訪れたのは、昨年の同駐屯地の夏まつり「サマーフェスタ」にも参加した3年生の湯川遥翔君(17)=みなべ町=、今年4月に入校した本地亜樹君(16)=広川町=、奥野竜士君(16)=海南市=。本地君、奥野君は受験前に、学校の様子や寮生活の話などを荒木司令から聞き、入校の相談をしていた。

 荒木司令はふるさとを離れ、コロナ禍で異例続きの学校生活を送る3人をねぎらい「地元の友達をみて、楽しそうと思うかもしれないし、(同校に)行ってよかったかどうかは卒業しないとわからない。私は今になってよかったと思っている。卒業後は立派な公務員。頑張る価値がある」と激励した。 

 冬休み以来の帰省になった湯川君は「最高学年になり、銃を扱う訓練も増えた。卒業後のことも荒木司令に相談したい。休み中は友達と食事に行ければ」。吹奏楽部に入部しテナーサックスを担当する本地君は「学校や寮生活にも慣れてきた。吹奏楽は楽な部活と思われているので、体を鍛えて次の体力検定で最高の1級を取りたい」。ラグビー部で右ウイングとして活躍する奥野君は「体力には自信があるが、勉強は眠くなるので大変。学校はみんな個性的で面白い。久しぶりに自宅で食べたごはんがおいしかった」と話していた。

写真=荒木司令(右から2人目)に近況報告する左から本地君、奥野君、湯川君

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る