あまりに長すぎた二重被爆

 「わしが10歳のとき、B29が飛んできて爆弾を落とした。わしの家族は丸3日間、防空壕で暮らさなければならなかった。出てきたときには街は完全に消え失せていた。そしてまもなく、黒い雨が降り出した」。

 リドリー・スコット監督の映画「ブラック・レイン」で、若山富三郎演じるヤクザの親分が米国人刑事に向かってすごむ。米国は日本を焼き尽くし、戦後は自分たちの価値観を押しつけた。そのせいで、佐藤(松田優作)のようなワルが大勢生まれたんだ――。

 映画では、黒い雨はB29が投下した爆弾によって引き起こされたことになっているが、実際は違う。落とされたのは人類史上初めて実戦使用された原爆で、広島に投下された原爆が炸裂後、重油のような大粒の黒い雨が1時間以上も降り続いた。

 高レベルの放射線を帯びたその雨に打たれた人は髪の毛が抜け、大量吐血など急性放射線障害の症状を呈した。広島出身の井伏鱒二は被爆者の日記を基に、この雨で被爆した女性の苦悩を描いた小説「黒い雨」を執筆した。

 先日、被爆者らが広島市と県に被爆者手帳の交付を求めた訴訟の判決があり、裁判長は従来の大雨地域を援護対象とする国の制度を否定。「雨はより広範囲に降ったことが確実に認められる」とし、国が定める援護区域外にいた原告全員が黒い雨に濡れ、健康被害が出たと認めた。

 あの悪夢から75年。原告にとっては「やっと」の勝訴。広島市も県も裁判では被告となったが、実際は原告側に寄り添い、国に対して援護対象区域の拡大を求め続けた。

 原告の当事者は国から見捨てられた二重の苦しみが続き、どれほどの恐怖、不安、悲しみ、怒りだったか。判決で原告、遺族の傷ついた心が少しでも晴れれば。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る