YOUは日高で何してる?

 「YOUは何しに日本へ?」というテレビ東京系の人気番組がある。空港で到着したばかりの外国人旅行者に声をかけ、日本へ来た目的が面白そうなら、密着ロケをさせてもらう。もう何年も続いているが、最近、その面白さを知った。

 カメラクルーとディレクターがロビーで待ち伏せ、面白そうな外国人がいればすかさず声をかけ、どこの国から何をしに日本へ来たのかを聞く。なんとも安直な企画で、あまり見る気はしなかったが、じっくり見れば素晴らしい人間ドキュメンタリーで、感動することも少なくない。

 何よりも、日本人にはない陽気さが気持ちいい。実際はどうか分からないが、ほとんどの人が「オーケー」「オフコース!」と笑顔で取材に応じ、自分は何をしにやってきたのか、自分がどれほど日本という国に興味があるかを熱く語る。それがうれしい。

 日本の地ビールを飲み歩くために訪れたカナダ人、日本の刀鍛冶の工房を見たいアメリカ人、大相撲の琴奨菊を応援したいアメリカ人兄弟、探偵ナイトスクープの公開録画を見たいドイツ人カップルなど。それぞれの思い入れは「オタク」のレベルを超え、抑えきれない衝動が伝わる。

 歴史、文化、人の心の温かさ、誠実さ、食べ物のおいしさ、治安のよさ、医療・福祉…日本はどれをとっても世界一だと思うが、残念ながらよくいわれるように、その日本の素晴らしさを最も理解していないのが日本人ではないか。

 日高地方にもALTや留学生、労働者など多くの外国人がいる。来月から、この地で生活している外国人を紹介するコーナーを始めることになった。英会話のトレーニングも兼ねて、日高地方の素晴らしさを共感、再認識させてくれるYOUに出会いたい。(静)

関連記事

フォトニュース

  1. 春告げるツクシがニョキッ

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る