Dr.STONE 稲垣理一郎原作 Boichi画

 週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。

 ストーリー 主人公の科学部部長・石神千空の幼なじみ、大木大樹は以前より想いをよせていた小川杠に告白しようと学校の楠の木の前に呼び出す。しかし、その瞬間、空が眩く発光し全人類が一斉に石化するという怪現象に襲われてしまう。それから3700年後、石化が解け自由な身体を取り戻す千空と大樹だったが、そこは樹木が生い茂り、科学文明が滅んだ世界だった。千空は持ち前の頭脳で科学文明を再建させることを決意。そして石化から復活させる方法も突きとめ、霊長類最強・獅子王司を復活させる。だが、司は自身の思想に合わない人間を容赦なく排除する危険人物だった。それに気づいた千空は司を止めるため「木炭」「硫黄」「硝酸カリウム」で火薬を、つまり銃をつくろうと目論むのだったが…。

 ストーリーはフィクションですが作中に出てくるものは実際にできるもので、普段、当たり前に使っているものがどういう原理でできているのか漫画で学べます。

 例えば、火薬の原料の「木炭」は木を燃やして、「硫黄」は温泉地で、「硝酸」はコウモリのフンを元にして採取できるそうです。火薬だけではありません、千空は鉄やガラス、そして電気まで作りあげていきます。

 ゼロから電気まで作る千空が「科学文明にまず欲しい一番重要なものは?」という問いに「炭酸カルシウム」だと答えます。農業や建築に重要なうえに、ばい菌を浄化する医者がわりの命の石〝ドクターストーン〟(=石鹸)がつくれるといいます。原始時代でも科学が発展した2020年でも石鹸での手洗いは重要ということでしょうか。

 本日、最新16巻発売です。

関連記事

フォトニュース

  1. ありがとうございま~す!

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る