自転車事故防止へ 御坊署が手作り看板で啓発

 11日から始まったわかやま夏の交通安全運動で13日、自転車のルール順守やマナーアップを図ろうと、御坊署は御坊市のJR御坊駅前で街頭指導を実施した。同署管内で今年の自転車が関連する人身事故は、同日現在で早くも昨年1年間の件数を上回るペースで発生。新型コロナウイルスの影響で、大きな声の指導や物品配布を取りやめ、手作りのプラカードを手に安全運転を啓発した。

 同運動の重点の一つになっている「自転車の安全利用の推進」に関連した取り組み。署員が御坊駅の駐輪場南に立ち、〇×のプラカードを持って、自転車で通学する高校生らのマナーをチェックした。自転車のセーフティーカードに記されている「信号無視」「無灯火」「一時不停止」「二人乗り」「傘差し」「並進」「携帯電話使用」「ヘッドホン等使用」といった違反(事故を招く危険な行為)を大きく掲示。この日は右側通行や2台並んでの運転があり、プラカードで「×」を見せて指導していた。

 同署管内の自転車が関連する人身事故は今年12日現在で8件。すでに昨年1年間の5件を上回り、おととしの10件に迫っている。

 新型コロナウイルスがいったんの落ち着きをみせ、学校が再開されて自転車の交通量が増える中、密集を避けて飛沫や接触感染を防ぐため、声や物品配布の啓発を取りやめ、プラカードや掲示物を手作り。交通課の児玉高幸課長は「コロナの落ち着きや学校の再開による気の緩み、逆に焦りで事故の多発が懸念されます。自転車は軽車両。今後も悪質なものは検挙していきます。学生さんも〝車〟を運転しているという意識を持ってもらいたい」と話している。

 この日はほか、御坊市内で交通指導員会、交通安全母の会、交通安全協会のメンバーらが通学指導を行った。

写真=御坊駅の駐輪場南でプラカードを掲げ違反をチェック

関連記事

フォトニュース

  1. これで初日の出も安全

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る