美浜の光修建設が田辺市と海上啓開協定締結

 美浜町田井の建設業、㈱光修建設(宮井寿明代表)は3日、田辺市との間で災害時に海上の漂流物を取り除く作業に協力する協定を結んだ。

 光修建設は県内の港湾工事に使用するため、22年前からクレーン付き台船を田辺湾文里港に停泊させている。この協定は、津波や台風で市が管理する漁港区域にがれきや流木が漂着した場合、同社のクレーン船を使って除去する海上啓開業務に協力し、迅速な復旧を目的としている。3日に同市役所で行われた締結式には真砂充敏市長と同社の宮井社長(48)が出席、協定書に調印した。

 田辺市が海上における災害時の協定を結ぶのはこれが初めてで、真砂市長は「海上での協力が得られて非常に心強い」と話した。

 地元美浜町の消防団員でもある宮井社長は、「この協定締結はいま一度、防災意識を高めるためにも意義深いもの。22年間の恩返しの気持ちを忘れず、普段から船の手入れを入念に行い、災害が発生した際には活躍できるよう頑張りたい」と抱負を述べた。

写真=調印を済ませた真砂市長㊧と宮井社長

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る