美浜と由良で新副町長就任

美浜町と由良町で1日、新しい副町長が就任した。美浜町は石塚和夫氏(64)=御坊市野口=、由良町は岡本圭剛氏(63)=和歌山市木ノ本=で、いずれも元県職員。先月の町議会6月定例会で承認された。同日、辞令交付式、就任式が各役場で行われ、石塚氏は「経験を生かして籔内町政を支えていく」、岡本氏は「町の持続的な豊かな発展に全力を尽くす」と決意を語った。

美浜町は、役場応接室で課長級以上の幹部が同席して辞令交付式が行われ、籔内美和子町長から石塚氏に辞令が手渡された。

籔内町長は「念願の副町長をお迎えでき、うれしく思うのと同時にほっとしている」と話し、「これまでの経験を生かし、私に足りない部分を補っていただき、職員もいつでも相談に行ける副町長室であってほしい。全員で力を合わせ、住民の皆さんに幸せをお届けできるようともに頑張りましょう」と期待を込めた。

石塚氏は「辞令を受け、心から光栄に感じている」として、「今までの経験や人と人とのつながりを十分に生かしながら、籔内町政をしっかりと支えられるよう、幹部の皆さんと毎日顔を合わせ、腹を合わせ、力を合わせて町発展のために精いっぱい頑張りたい」とあいさつした。

由良町は3階会議室で就任式が行われ、山名実町長は「新しい風を吹き込み、まちづくりに力を貸していただきたい」とあいさつ。

岡本氏は県職員として34年間にわたって勤務したことなど自己紹介のうえ、「由良町は若い職員が多く、職場に活気がある。一緒に働けることを楽しみにしていました」と切り出し、「町行政は県よりも住民と身近に接しながら仕事できる。それは魅力的であり、やりがいでもある。まずは由良町を勉強するという意味で、積極的に地域に出向いていきたいし、職員の皆さんともコミュニケーションをたくさん持ちたい」と述べた。

新型コロナウイルス対策についても触れ、「経済が厳しい。今は国や県の支援制度を活用し、この状況を乗り切っていくことが大事」と強調。最後に「持続可能な豊かな発展のため、意気込み全力で取り組んでいきたい」と決意を示した。

写真=籔内町長㊧とがっちり握手の石塚副町長(美浜)㊤と、就任式で決意を述べる岡本副町長(由良)

関連記事

フォトニュース

  1. ラーメンの湯切りの落下速度は?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る