無援の抒情 道浦母都子著

 短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みました。それというのも、最近映画「三島由紀夫vs東大全共闘」を観て学生運動が盛んだった60年代という時代に触れ、和歌山市出身の著名な歌人である道浦母都子というこの著者も、闘争に身を投じた経験を詠んでいるときいたからです。

 一読して、逆巻く荒波の中を泳ぎ渡ろうとするような必死の闘いの日々が「三十一文字」という制限の中で生き生きと立ち上っていることに圧倒されます。決して好きな時代ではないけれども、むしろそんな時代に学生でなくて本当によかったと思っているけれども、知ろうとすることはどんな時代に対しても必要だろうと思います。それは現在のためにも、また未来のためにもなること。

 並ぶ短歌をただ読み進むだけで、異様な熱気の渦巻く時代がストレートに伝わってくるようです。

 「ガス弾の匂い残れる黒髪を洗い梳かして君に逢いにゆく」「テロルへの暗き情熱語り終え海の彼方へ石投げる君」「傷つきて倒れし友をかばいつつ足に鋭き痛みを覚ゆ」「任意出頭拒否すればすかさず差しいだす逮捕令状われは面上げて受く」「また細くなりたる腕を締めつけて銀鼠色に手錠が光る」「たまらなく寂しき夜は仰向きて苦しきまでに人を想ひぬ」「釈放されて帰りしわれの頬を打つ父よあなたこそ起たねばならぬ」「なお燃えて夜を殺戮に走る群れ遠く苦しく見つめいるのみ」「君も君も君も死ぬなよ蒼ざめし頬浮かびくる闇に叫びぬ」「振り向かぬ背が果てしなく遠ざかる思想という名の荒野を憎む」「炎あげ地に舞い落ちる赤旗にわが青春の落日を見る」「眠られぬ夜を明かして又想う苦しき今を今を生き抜け」

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る