気持ちよく踊れました

 美浜町和田の花柳妃鶴(ひづる)こと平田千鶴さん(50)の弟子で、松洋中学校2年生の澤越歩恋(ふう)さん(13)が今年3月、大阪の国立文楽劇場の舞台に立ち、師匠の師匠である花柳勲麿(いさまろ)氏と長唄「連獅子」を披露した=写真=。

 勲麿氏門下の花柳流師範らが集う4年に一度の「いさまろ会」。澤越さんは2度目のいさまろ会、3回目の文楽劇場となった今回、緊急事態宣言は出ていなかったが、新型コロナの感染が急拡大を始めたころで、感染防止対策も万全に予定通り開催された。

 連獅子は歌舞伎でもおなじみの演目で、舞踊では親子の獅子が並んでたてがみをダイナミックに振り回す毛振りはないが、その分、細かな動きや表情で感情を表すのが難しい。親獅子に千尋の谷に突き落とされ、懸命に這い上がるシーンなど見せ場もしっかり演じ切り、「緊張することなく、最初から最後まで気持ちよく踊れました」という。

 いまはコロナの影響で稽古ばかりの日が続くが、来年9月には15歳になり、名取試験も受けられるようになる。「早くコロナが終息して、またいろんな舞台に立たせてもらって、15歳になれば名取試験も頑張りたいです」と夢を話してくれた。

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る