東京五輪開催は共通目標

 新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えている。もはや第二波といえる状況にも見える。経済活動を維持しながら感染者を減らすのは至難の業、まして国の観光支援事業「GoToトラベル」キャンペーンがスタートし、人の動きがさらに活発化すれば感染が広がるのは当然だろう。感染防止も大事、経済を回すのも大事、どちらにどれだけの比重を置いてバランスを取るのか、悩ましい問題だ。医療現場のひっ迫度を最重視しながら、感染者増を少しでも緩やかにして死者を出さずに経済を回す、一見矛盾しているようだが、それを実現に近づけるのが新しい生活様式なのだと思う。

 本来なら、24日は東京五輪開幕日だった。23日には国立競技場でイベントが行われ、白血病から競技復帰を目指している水泳の池江璃花子さんがメッセージを発信した。「世の中がこんな大変な時期にスポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよくわかります。ただ、逆境から這い上がっていく時にはどうしても希望の力が必要です。希望の光が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくつても前を向いて頑張れる」。アスリートの率直な思いに大いに共感した。

 ただ、まだ続くコロナ禍、希望の光が見えないほど苦境に立たされている人もたくさんいる。だからこそ、経営がひっ迫している事業者や医療現場にはもっと国が実情に応じた手厚い支援を行うべきだろう。池江さんのメッセージからもう一つ借りる。「1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろう」。1年後、日本国民あげて心の底から五輪開催を喜べるよう、今、自分に何ができるか、考えて行動したい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. モチーフはヤタガラス

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る