東京五輪開催は共通目標

 新型コロナウイルスの感染者が日に日に増えている。もはや第二波といえる状況にも見える。経済活動を維持しながら感染者を減らすのは至難の業、まして国の観光支援事業「GoToトラベル」キャンペーンがスタートし、人の動きがさらに活発化すれば感染が広がるのは当然だろう。感染防止も大事、経済を回すのも大事、どちらにどれだけの比重を置いてバランスを取るのか、悩ましい問題だ。医療現場のひっ迫度を最重視しながら、感染者増を少しでも緩やかにして死者を出さずに経済を回す、一見矛盾しているようだが、それを実現に近づけるのが新しい生活様式なのだと思う。

 本来なら、24日は東京五輪開幕日だった。23日には国立競技場でイベントが行われ、白血病から競技復帰を目指している水泳の池江璃花子さんがメッセージを発信した。「世の中がこんな大変な時期にスポーツの話をすること自体、否定的な声があることもよくわかります。ただ、逆境から這い上がっていく時にはどうしても希望の力が必要です。希望の光が遠くに輝いているからこそ、どんなにつらくつても前を向いて頑張れる」。アスリートの率直な思いに大いに共感した。

 ただ、まだ続くコロナ禍、希望の光が見えないほど苦境に立たされている人もたくさんいる。だからこそ、経営がひっ迫している事業者や医療現場にはもっと国が実情に応じた手厚い支援を行うべきだろう。池江さんのメッセージからもう一つ借りる。「1年後、オリンピックやパラリンピックができる世界になっていたら、どんなに素敵だろう」。1年後、日本国民あげて心の底から五輪開催を喜べるよう、今、自分に何ができるか、考えて行動したい。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る