日高川に地産地消の弁当専門店

 地元の食材を地元の人たちに食べてもらいたい――。日高川町和佐で今月、地産地消の弁当販売店「326(みつる)キッチン」がオープンした。太陽川辺作業所の利用者が育てた野菜等を使った弁当を販売しており、スタッフは「安心して食べていただける『食』を提供できればと思っています」と意欲的に話している。

 店長の尾﨑允瑠(みつる)さん(39)=日高川町早藤=はサラリーマンだったが、以前から「食」に関心があり、コロナ禍で健康不安が高まり、外食よりもテイクアウトの需要が増える中、志を同じくする仲間と3人で安心安全の食材を提供する弁当店のオープンを決めた。

 太陽川辺作業所(日高川町蛇尾)の利用者が育てた野菜を使い、味付けには塩の代わりに殺菌作用のある梅酢を用いるなどヘルシーな調理を心がける。今の時季には糖度の高い長カボチャ「甘龍(かんりゅう)」、小ぶりの黒カボチャ「小菊」など旬の野菜がある。梅酢入り飼料で育った「紀州うめぶた」も使い、和風ハンバーグやトンカツ弁当、梅酢からあげ弁当、日替わりの「326弁当」などさまざまな弁当を用意している。尾﨑さんらスタッフは「地産地消」の言葉の入ったユニホームで、「どうぞご利用ください」とPRしている。

 注文は午前8時半から9時半までに電話ですればよい。配達区域は、当面の間は旧川辺町内。それ以外は、昼には店頭で受け取れる。メニューなど詳しい問い合わせ、注文は℡070―2302―0605。

写真=オリジナルのユニホームで店長の尾﨑さん㊧とスタッフ

関連記事

フォトニュース

  1. 今年も出来は上々です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る