日高川に地産地消の弁当専門店

 地元の食材を地元の人たちに食べてもらいたい――。日高川町和佐で今月、地産地消の弁当販売店「326(みつる)キッチン」がオープンした。太陽川辺作業所の利用者が育てた野菜等を使った弁当を販売しており、スタッフは「安心して食べていただける『食』を提供できればと思っています」と意欲的に話している。

 店長の尾﨑允瑠(みつる)さん(39)=日高川町早藤=はサラリーマンだったが、以前から「食」に関心があり、コロナ禍で健康不安が高まり、外食よりもテイクアウトの需要が増える中、志を同じくする仲間と3人で安心安全の食材を提供する弁当店のオープンを決めた。

 太陽川辺作業所(日高川町蛇尾)の利用者が育てた野菜を使い、味付けには塩の代わりに殺菌作用のある梅酢を用いるなどヘルシーな調理を心がける。今の時季には糖度の高い長カボチャ「甘龍(かんりゅう)」、小ぶりの黒カボチャ「小菊」など旬の野菜がある。梅酢入り飼料で育った「紀州うめぶた」も使い、和風ハンバーグやトンカツ弁当、梅酢からあげ弁当、日替わりの「326弁当」などさまざまな弁当を用意している。尾﨑さんらスタッフは「地産地消」の言葉の入ったユニホームで、「どうぞご利用ください」とPRしている。

 注文は午前8時半から9時半までに電話ですればよい。配達区域は、当面の間は旧川辺町内。それ以外は、昼には店頭で受け取れる。メニューなど詳しい問い合わせ、注文は℡070―2302―0605。

写真=オリジナルのユニホームで店長の尾﨑さん㊧とスタッフ

関連記事

フォトニュース

  1. ぜひ皆さんで食べてください

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…
  2. B29へ決死の体当たり 欧州で第2次世界大戦が始まったのを受け、米軍は1939年(昭和14)11月…
  3. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  4. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  5. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る