新型ウイルスの混在に警戒

 新型コロナウイルスによる小、中、高校の休校が解除され、登校が再開されて1カ月が経過した。子どもたち自身も、各家庭も本来の日常を順調に取り戻しつつあるといえるだろう。ただ、東京では新規感染者が日に日に増えている。いわゆる第二波が近づいているように感じる人も多いのではないか。経済を立て直しながらの感染予防は、緊急事態宣言下でのそれよりも難しいのは当然。第二波の方が感染が広がるスピードも人数も第一波よりも大きくなるのではと心配だ。だからこそ、比較的余裕のある今こそ大事な準備期間にしなければならない。

 和歌山県の野㞍孝子福祉保健部技監によると、第一波での最大入院者数は29人だった。数字上での最大入院受け入れ可能人数は177人で、まだかなり余裕があった。県内どの病院にコロナ患者が何人入院しているか、次に発生したらどの病院に入れるか、すべて把握した上でベッドコントロールを行うことができていたという。準備期間中の今は、受け入れ可能人数拡大を構築中で、満床になった場合の軽症者の対応など体制づくりを行っている。各病院には院内感染防止対策を進めてもらっているという。少し安心できた。

 そこへきて、中国で新型の豚インフルエンザウイルスが確認された。人から人へ感染すればパンデミックを引き起こす可能性があるという。新型コロナが中国で発生したときも、最初はあまり大きな報道ではなかったが、このような事態となった。拡大する前に封じ込めを徹底してもらうほかない。今後、新型コロナと新型豚インフルが混在する可能性は十分ある。各自治体も最悪を想定して、今のうちに備蓄などを進めておくべきだろう。(片)

関連記事

フォトニュース

  1. 由良のミカンも使ってます

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る