御坊市立図書館が最新本の除菌機導入

 御坊市薗、御坊市立図書館は16日から、図書除菌機「LIVA(リヴァー)」を導入した。㈱エヴァーツリー・ジャパンの最新モデルで、県内の図書館では導入第1号。紫外線でウイルスや菌を除菌するだけでなく、ページの間に挟まったほこりや髪の毛、ダニなども除去できる。同館では「多くの人が利用する図書ということで衛生面から利用をためらっていた方にも、安心して利用していただけるようになったと思います」と話している。

 新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金を活用して購入した。「LIVA」は県内初導入。6年分のメンテナンスを含め130万円で高さ142㌢、幅59㌢、奥行き70㌢。上部の扉を開けて本を開いた状態でセットし、閉めてスイッチを入れればわずか30秒で除菌できる。1度に6冊まで可能。紫外線の中でも特にウイルスに効く「UⅤC」でページの間までしっかり除菌し、送風装置で本に挟まった埃などを除去する。消臭効果もあり、たばこやペットの匂いなども取り除ける。新型コロナについては、新しいウイルスなのでまだ対応の実例が少なく必ず取り除けるとはいえないが、コロナウイルスの一種であるSARS、新型インフルエンザには効果を発揮したという実績がある。

 借りた人が自分ですぐに使えるよう、使い方をやさしく説明した図解もつけてカウンター近くに設置。分からない時は職員が説明する。初日朝に訪れた利用者は、「本を除菌できる機械がきょうから導入されました」ときいて、早速借りたばかりの本を除菌。「簡単にできていいですね」と話していた。原田良介館長は「家で過ごす時間が増えている今、安心して本を借りていただけたらと思います」と話している。

写真=最新の除菌機「LIVA」を使う利用者

関連記事

フォトニュース

  1. 思ったより簡単かも

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  2.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  3.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  4.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  5.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
ページ上部へ戻る