太陽は動かない 吉田修一著

 「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出演の「太陽は動かない」。新型コロナウイルスの影響で公開が延びていますが、原作をご紹介します。

 物語 表向きはアジアの観光情報を配信する小さな会社だが、その実体は産業スパイ集団である「AN通信」。ここに所属する31歳のエージェント(諜報員)鷹野一彦は部下の田岡と組み、「サッカーW杯日韓戦が行われる天津スタジアムで爆破計画がある」という情報を探っていた。背景には、南シナ海の油田を巡る大企業と中国政府の利権争いがある。政府に扇動され、爆破テロを起こそうとしているのはウイグル族の若く美しい女テロリスト、シャマル。民族の誇りのために爆破事件を起こそうとしており、計画を止めようとする鷹野の説得はことごとく空振り。あきらめて失敗を報告しようとする鷹野だが、利権にからんで地位が危うくなっている日本企業幹部の一人は、なりふり構わず鷹野を動かそうとする。田岡を拉致して徹底的に痛めつけ、天津スタジアムに隠したのだ。田岡の命を救うには、何がなんでも爆発を止めるしかない。それでなくとも彼等AN通信のエージェントは、一日一回の組織への定時連絡ができなければ「爆死」が待っているという、とんでもない過酷な状況下で戦っているのだ…。

 映画の原作は本書と、鷹野の少年時代を明かした「森は知っている」の2冊。これに続く「ウォーターゲーム」が昨年出版されており、「鷹野一彦シリーズ」が確立されています。「悪人」「国宝」等とは趣が違い、エンターテイメント系の「読ませる」ストーリー展開が前面に出ています。絶体絶命の危機に何度も陥っては脱出するという、スパイものならではの話の運び。アクションあり、キャラクターも魅力的。

 鷹野、田岡、そして2人の上司である風間、商売敵の韓国人デイビッド・キムというレギュラーメンバーを自由に動かしながら、社会の裏の姿、真に世界を動かすパワーバランスについて語っていこうとしている感じで、書いていて本当に楽しいんだろうなと感じます。

 その一方で、鷹野や田岡らAN通信のエージェントは皆「親に捨てられた子どもだった」という過去があり、要所要所でハッとさせられるような人情の機微に触れる描写がみられます。これはきっと、「スパイ小説シリーズ」という読者を惹きつけると同時に自分も楽しんで書ける作品のスタイルに託して、著者は時代と社会に対して言いたいことを自由に訴えているのではという気がしました。

 表に見えている以上の厚みを湛えた、目の離せないシリーズだと思います。映画も楽しみです。

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る