夏 高校野球 紀央館も2回戦へ

 「2020 夏 高校野球和歌山大会」は3日目の23日、1回戦1試合と2回戦2試合が行われた。第1試合の1回戦では、紀央館が県和歌山に快勝。両校安打数は2桁の10本ずつで並んだが、紀央館は1、5、8回にそれぞれ3安打集めるなど効率よく攻め、序盤、中盤、終盤と着実に得点を重ねた。2回戦は29日の予定で、第2試合(正午~)で和歌山商とぶつかる。

紀央館
200010032 8
000000020 2
県和歌山

 紀央館は初回、東吾と山田の連打などで無死一、三塁とすると、原の中犠飛であっという間に先制。さらに2死三塁から井戸の右前適時打で1点を追加し、主導権を握った。5回には東吾の一塁線二塁打、四球、原の右前打で無死満塁と攻め立て、暴投で1点を追加した。8回は1死二塁から山﨑の中前適時打でまず1点を奪い、なおも東吾の中前打と四球で満塁と好機を広げた後、原の中前2点適時打でダメ押し。9回にも敵失と山﨑の左犠飛で2得点してリードを6点差に広げ、試合を決めた。

 紀央館先発は左腕の井戸。3回に3者連続三振(振り逃げ含む)をマークするなど素晴らしい立ち上がりで、4回から7回までは毎回走者を背負うも2つの併殺打にも助けられて決定打を許さなかった。8回3長短打を浴びて2点を献上し、この回で降板。8回9安打2失点でマウンドを譲った。

 9回を任された2番手の田口は2死から安打されたが、次打者を左飛に仕留め、危なげなく試合を終わらせた。

写真=紀央館8回、原が中前2点適時打

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る