印南町 ICTスマートタウン構想推進へ

 印南町は国の新型コロナウイルス経済対策の2次補正予算を活用した支援策案をまとめ、独自の施策として「印南町ICTスマートタウン構想」を打ち出した。

 コロナ禍の新しい生活様式の実現に向けて、1世帯に1台のカメラ付きパソコンまたはタブレットがあるICT環境の整備を推進。一人暮らしの高齢者のテレビ電話による安否確認、健康体操などの動画配信、テレビ電話による子育て・妊婦相談、オンライン診療、学校休校時のオンライン授業、緊急時の防災情報発信などをできるようにする。構想の実現に向けては補助制度を導入。町内に住所を有する世帯を対象に、補助率10分の10、限度額5万円で、パソコンなどの購入や無線環境の整備にかかる経費を負担。予算額は全2300世帯分で、1億1500万円を見込んでいる。さらに同構想の一環で「いきいきシニアスマートフォン活用事業」として町内70歳以上の高齢者がガラパゴス携帯電話(ガラケー)からスマートフォンに買い替えるための経費についても補助率10分の10、限度額2万円を負担。国のコロナ感染者接触アプリの利用促進やGPSを使った安否確認などに役立てる。予算額は1000万円。

 2次補正に伴う同町の支援策は、ICTスマートタウン構想などを含め予算総額は1億6530万円。事業者向け支援策では、衛生備品購入補助事業として、感染拡大防止につながるパーテーションの設置、フェイスシールド、非接触型体温計、空気清浄機の購入などについて、補助率10分の10、限度額5万円を負担する。予算額は1000万円。新生児臨時応援特別給付金事業(予算600万円)では、今年4月28日から来年3月31日までに生まれた新生児1人につき10万円を支給。ほかコロナ対策避難所整備事業(800万円)、学校再開に伴う感染症対策支援事業(800万円)、地域子ども・子育て支援コロナ防止対策(830万円)がある。

 各種施策については30日午後の議会全員協議会で説明。近く臨時議会を開いて承認を求める。

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る