印南商工会のお得にかえる商品券 30分で完売

 新型コロナウイルスに伴う生活支援と経済対策として印南町商工会は1日から、「お得にかえる商品券」の事業をスタートした。

 3000円分の通常商品券を購入すると、飲食店限定で使える2000円分の商品券がついてくる事業で、1000セットの限定販売。29日に切目と切目川地区、30日に稲原と真妻地区で先行販売し、各地区100セットずつ計400セットが完売した。1日には商工会館で残り600セットを販売したところ、順番待ちの長蛇の列ができ、開始の午前9時からわずか30分で完売する人気ぶり。午前6時半から並んだという先頭の印南の60代主婦は「コロナで大変な時に助かります。ハンバーグのお店に家族と行って使いたいです」と笑顔をみせていた。販売には整理券の発行などなく、列に並んだものの買えなかった一部の人から不満の声もあった。

 通常商品券は町内105店(19日現在)で使用でき、飲食店用の商品券は町内の和食・洋食店、喫茶、ピザ屋、すし屋、弁当屋などで使える。使用期限は10月31日。

 商工会では1日から、「印南3店舗スタンプラリー」の事業も行っている。参加約70店で500円以上の買い物などをすればスタンプが1個もらえ、異なる3店舗で集めて応募すれば、抽選で豪華景品が当たる。多くの参加を呼びかけている。

写真=商品券の販売に多くの行列

関連記事

フォトニュース

  1. 10日には発送します

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  2. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  3. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…
  4. 千人針と250人分の寄せ書き発見 「あれ、これは何やろ」 1999年(平成11)8月、母の薫(か…
  5. 飛行兵志願も母が反対 小瀬輔造さん(89)は1930年(昭和5)1月7日、日高川町…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る