印南の古川さんがネオワイズ彗星を撮影

 今年3月に発見された話題のネオワイズ彗星(すいせい)が、日高地方でもカメラで捉えられた。

 撮影したのは中学校時代からの天文ファンで、現在印南町議を務める島田の古川眞さん(63)。ネオワイズ彗星は7月23日ごろに地球に最接近し、最も大きく見えたが、日高地方では梅雨の雲にはばまれ、ようやく晴れて見えるようになったのが29日から。古川さんは29・30日に撮影。30日午後8時20分、島田の中山王子から西の空を撮った一枚はネオワイズ彗星が緑色に輝き、下から上に〝尾〟を引く姿がくっきり。

 今後、ネオワイズ彗星は地球から遠ざかって見えなくなり、次に地球に接近するのは6800年後。二度とお目にかかれない超レアな天体ショーを観測した古川さんは、「今年は別の彗星が観測できる予定でしたが、太陽の熱で消滅し天文ファンはショックを受けていました。そんな中で新たに発見されたのがネオワイズ彗星。何とか見ることができて本当によかった」などと、文字通り彗星のごとく現れたネオワイズに感激していた。

 現在、明るさは4等星ぐらいで、倍率7倍の双眼鏡でも観察できたという。

写真=尾を引くネオワイズ彗星(露光20秒、絞り値F4、ISO3200)

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る