印南の古川さんがネオワイズ彗星を撮影

 今年3月に発見された話題のネオワイズ彗星(すいせい)が、日高地方でもカメラで捉えられた。

 撮影したのは中学校時代からの天文ファンで、現在印南町議を務める島田の古川眞さん(63)。ネオワイズ彗星は7月23日ごろに地球に最接近し、最も大きく見えたが、日高地方では梅雨の雲にはばまれ、ようやく晴れて見えるようになったのが29日から。古川さんは29・30日に撮影。30日午後8時20分、島田の中山王子から西の空を撮った一枚はネオワイズ彗星が緑色に輝き、下から上に〝尾〟を引く姿がくっきり。

 今後、ネオワイズ彗星は地球から遠ざかって見えなくなり、次に地球に接近するのは6800年後。二度とお目にかかれない超レアな天体ショーを観測した古川さんは、「今年は別の彗星が観測できる予定でしたが、太陽の熱で消滅し天文ファンはショックを受けていました。そんな中で新たに発見されたのがネオワイズ彗星。何とか見ることができて本当によかった」などと、文字通り彗星のごとく現れたネオワイズに感激していた。

 現在、明るさは4等星ぐらいで、倍率7倍の双眼鏡でも観察できたという。

写真=尾を引くネオワイズ彗星(露光20秒、絞り値F4、ISO3200)

関連記事

フォトニュース

  1. クエの恵みに感謝

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る