優良運転者の継続

 先日、運転免許の更新に行ってきた。新型コロナウイルスの影響で、きちんとソーシャルディスタンスがとられた人の列。「優良運転者からどうぞ」という案内に、優越感に浸りながら進み、手続きをした。毎年春、県交通安全協会御坊支部による新小学1年生へのランドセルカバーのプレゼントを取材している。今回もきちんと会費を支払った。

 以前、国道で2台前の車が急に左折。ウインカーを出していなかったのだろう、1台前の車が急ブレーキを踏んだ。筆者は無意識だろうが追突、対向車との衝突を避けようと左にハンドルを切り、縁石に乗り上げたことがある。以来、心がけずとも車間距離は人一倍とるようになった。意識してみると、渋滞時を除いて、見た目で車2、3台分以上。筆者の前は対向車の右折や他の車の右左折進入がよくある。後続車には迷惑だろうという気もするが、ここはマイペースに行こうと思っている。

 免許更新時に受けた30分間の講習。県内事故発生状況、横断歩道の歩行者優先と横断歩行者等妨害等違反、6月30日施行の改正道交法で「妨害運転」と規定された「あおり運転」、夜間運転時のハイライト・ローライトの切り替え積極活用といった内容だった。

 最後に「次回の更新時も優良講習で」と教官。講習を終え、免許が交付された。前回は時間帯進入禁止による違反があったため、色は10年ぶりの金。5年後の更新時まで無事故無違反で過ごしたいものだ。いまのところ規範意識は高い。受講や更新後の短期間ではなく、常に安全運転を意識したい。以前も使った言い回しだが、あらためて、皆さんも安全運転の金メダリストを目指しましょう。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. いまが見頃です

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

Twitter

書籍レビュー

  1.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  2.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  3.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  4.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
  5.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
ページ上部へ戻る