丑の日のウナギと梅干し

 7月21日は土用の丑の日。ウナギを食べる日として広く知られている。その習慣は江戸時代に遡り、蘭学者の平賀源内が知人のウナギ屋に頼まれてつくったキャッチコピーが始まりという説が有名。「丑だから『う』の付く物を食べると縁起がいい。精のつくウナギで夏を乗り越えるのは最適」とし、店頭に「本日、土用の丑の日」と張り紙をしたところ、大繁盛したことが起源とされている▼ウナギを食べる場合は、ほとんどが蒲焼き。その際、香辛料の山椒をかける文化がある。理由はウナギと山椒の香りがよく合うこと。ほかにも栄養豊富で脂がのったウナギの消化を助ける効果や抗菌作用による食中毒予防の機能もある▼ところで、ウナギと一緒に食べてはいけないと言われる合食禁(悪い食い合わせ)が当地方特産の梅干し。しかし、脂分が多いウナギの消化を促進する効果があり、医学的に食い合わせの言い伝えには根拠がない。むしろ、相性がいいぐらいで、山椒にある食中毒予防の効果も備えている。さらに梅干しの場合は、夏場の熱中症予防、疲労回復などの機能もある。土用の丑には「ウリ」「うどん」などの「う」の付く食べ物を食べるという地方もあるそうで、そういう面でも梅干しはまさに土用の丑のウナギとの相性は抜群といえる▼ならば、山椒の替わりに梅干しと一緒にウナギを食べるという習慣を広められないか。ウナギと相性が悪いという言い伝えを覆し、「そろそろ仲直りしました。実は相性はバッチリなんです」などという今風のキャッチコピーを考えてPR。平賀源内のような手法で梅の消費拡大につなげられないか。(雄)

関連記事

フォトニュース

  1. 江戸時代はこんな感じだった?

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 3月17日の神戸大空襲に遭遇 アニメ映画化された野坂昭如の小説「火垂るの墓」、手塚治虫の「アド…
  2. 大阪空襲の直前に帰郷 印南町山口に生まれ、現在は美浜町吉原(新浜)に住む芝﨑シヅヱさん。父五郎右衛…
  3. 乳飲み子抱え上海から引き揚げ 御坊市島に暮らす98歳の嘉美(よしみ)さんは、1921年(大正1…
  4. 34年前、活字にならなかった一冊の本 活字の本として出版されることのなかった、一冊の戦争体験集…
  5. 船団護衛の海防艦で南方へ 1923年(大正12)8月19日、夏目英一さん(95)は日高郡旧野口…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  「悪人」「怒り」等、多くの作品が映画化されている吉田修一。最新の映画化作品は藤原竜也、竹内涼真ら出…
  2.  週刊少年ジャンプに連載中の漫画「Dr.STONE(ドクターストーン)」を紹介します。  …
  3.  短歌をやっている母の本棚に20年ほど前からあった著者のサイン入り歌集ですが、今回初めて中身を読みま…
  4.  「バイバイ、ブラックバード」を読むと、原典に当たる太宰治の「グッド・バイ」が読みたくなったので、文…
  5.  作者の生まれは明治18年。明治45年に執筆され、初版は大正10年とかなり古いですが、繊細な描写が特…
ページ上部へ戻る