マスク・手洗いだけでなく

 高校で1学年上の先輩が病気で不調と聞き先日、別の先輩らと一緒に自宅を訪ねて見舞った。仕事も行っており、思っていたより元気そうで、ひと安心したが、病気の話を聞かせてもらうと、とても怖くなった。病名は慢性すい炎。食事療法を行っており、酒や肉の脂がNGという。

 初めて聞いた病気の名前。インターネットで調べてみると、体が健康な状態の場合、すい臓の中ですい液が消化能力を発揮することはないが、アルコール摂取量の増加や脂質のとりすぎ、心身のストレスで、すい液が活性化してしまい、すい臓を溶かしてしまう自己消化を起こす場合がある。これによって、すい臓の細胞が破壊されると、炎症を起こして細胞が萎縮して硬くなり、すい炎を発症。一度破壊された細胞は治りにくく、炎症が慢性的に続くことも珍しくないようだ。

 日本では年々患者数が増えており、年間1万人以上が発症しているというデータも。男性の患者が圧倒的に多く、30~50代にかけて患者数が増えるのが特徴で、悪化するとがんのリスクが高まるという。

 新型コロナウイルスの感染拡大で、マスクや手洗い、うがいの習慣が身に付き、風邪をはじめ、感染症への対策はできている気がするが、食生活や生活習慣はそのまま。毎年の健康診断で、おととしは便潜血反応が陽性となり、大腸内視鏡検査を受けた。昨年も精密検査が必要とされた結果、脂肪肝との診断を受けている。今年も健診の時期。いまさら1年間の不摂生や増えた体重はどうしようもないが、先輩の快気を願いつつ、40歳の誕生日を前にあらためて自身の食生活や生活習慣を見直したい。(笑)

関連記事

フォトニュース

  1. こうしてみると分かりやすいね

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1. 写真=1点1点じっくり観賞する来館者  みなべ町立図書館ゆめよみ館で14日から、南部高校美術部…
  2.  みなべ町の高城小学校(原啓司校長)で21日、「高城ロックンロールフィールド」が開かれ、1980~9…
  3.  還暦を過ぎても精力的に新作を発表し続ける東野圭吾。木村拓哉と長澤まさみ主演で映画化もされた人気シリ…
  4.  1945年8月15日正午、天皇陛下がラジオで国民に向けて終戦の詔書を読み上げ、国民はこのいわゆる玉…
  5.  テレビで見ない日はないぐらい、ニュースを視聴者に分かりやすく解説してくれるジャーナリスト池上彰氏。…
ページ上部へ戻る