デザインが変わりました

 日高地方を中心に活動するCAP(子どもへの暴力防止)のグループ、HML(ハッピーママライフ、寺村多喜代表)は、ワークショップに参加した子どもたちへ配るリーフレットのデザインを一新した。

 CAPは人権意識を育みながら、あらゆる暴力から自分の心と身体を守るための、具体的な方法を伝えていくプログラム。2011年度から、御坊市教育委員会の委託事業として、市内小学3年生にCAPプログラムを提供しており、その授業の後、内容をいつでも思い出してもらえるよう、リーフレットを配っている。

 社会が不安定になると、DVや子どもへの暴力が起こりやすくなるといわれ、コロナ禍や豪雨災害の中で子どもたちにもう一度、自分の権利を守る方法について思い出してもらおうと、過去にワークショップに参加した小学生にも新しいリーフレットを配布。同グループは「暴力によって『安心』『自信』『自由』の権利が奪われてしまうことが当たり前の世界になってしまわないように、新しいリーフレットにはCAPのベースとなっている多様性と人権の尊重というメッセージが込められています。ご協力くださった方々に心からお礼申し上げます」としている。

 新リーフレット作成の協力者は次の通り(敬称略)。

 アクト研究室、井戸崇人、上西令子、梅本千恵、岡本理容、鐘巻永似子、鐘巻鈴、古賀敬教、鈴木教代、鈴木政、高橋聡子、チーム紀伊水道、東伸建設、中西瓦店、中山真里、bar Ajito、平木克主子、二葉由紀、松原敏美、㈱MARUNI、三宅千惠、和歌山イコール会議暴力防止部会

写真=新しいリーフレットを手にHMLメンバー

関連記事

フォトニュース

  1. 来年もまた元気で会いましょう

戦争体験者に聞く 終わらざる夏

  1. 出撃直前、さくら弾機が炎上 極秘扱いで「知られざる特攻機」とも呼ばれたさくら弾機は、直径1・6㍍、…
  2. 飛行機乗りが夢だった 1944年(昭和19)6月、日本はマリアナ沖海戦に敗れてサイパンが陥落し、絶…
  3. 激戦のフィリピンで6年 日米開戦直後の1941年(昭和16)12月22日、日本は米軍の支配下にあっ…
  4. 空襲に怯え、悲痛な思い 大戦末期、空襲に怯え、悲痛な思いをした御坊市島の竹田(旧姓=山﨑)玉枝さん…
  5. 根室空襲、艦載機が猛爆 大東亜戦争末期、制海権を失った日本は北海道まで米軍に押し込まれ、1945年…

日高地方などのイベント情報

現在予定されているイベントはありません。

Twitter

書籍レビュー

  1.  元アニメーターで江戸川乱歩賞作家、真保裕一の「行こう!」シリーズ最新作。今年5月に文庫化されました…
  2.  今回紹介するのは2005年に発行された推理小説家石持浅海の「君の望む死に方」。前作の「扉は閉ざされ…
  3.  映画「ソワレ」が御坊でも好評上映中ですが、タイトルは「夜会」を意味する言葉。そんなタイトルの司馬遼…
  4.  主演ドラマ「半沢直樹」の新シリーズが大ブレイク中の俳優、堺雅人。テレビ雑誌で連載したエッセイ集をご…
  5.  霊感はさほど強くないはずだが、なぜか奇妙な出来事に遭遇してしまう。本作はノンフィクション作家の著者…
ページ上部へ戻る